みずほ銀行カードローンの在籍確認、郵送物について

在籍確認はあります。

誰にも知られずに借入をしたい人にとって、在籍確認の有無や郵送物が届くかどうかは大切なことですよね。
包み隠さず、みずほ銀行カードローンからどのような連絡が来るかをご説明します。

 

まずは在籍確認についてです。
結論から申し上げますと、在籍確認の電話は会社にかかってきます。
みずほ銀行のカードローンを申し込むと審査の段階で、本当に会社に在籍しているかの確認の為です。
この時に、カードローンという言葉を出されることはありません。
「みずほ銀行の○○と申しますが△△様はいらっしゃいますか?」というようにかかってきます。
電話に出た方が「△△は外出しています」「席を外しています」と返答すれば在籍確認は完了です。

 

もし勘がいい人が電話に出たら感づかれるかもしれませんが、「みずほ銀行の口座を開設した」と返答すれば、それ以上追及されることはないと思われます。
少なくともカードローンの申し込みをしたと確信されることはないでしょう。

郵送物は自宅に届きます。

郵送物についても避けることはできません。
かならず自宅に何かしらの郵送物は届くことになります。

  • カードローン専用のカードを申し込んだ方はローンカードが届きます。
  • キャッシュカード兼用型の方でも契約内容が記載された資料が届きます。
  • 利用限度額が申し込み時と契約時で相違がある場合も、その旨が記載された書類が届きます。

 

郵送物にも外から見える場所には「カードローン」という言葉の記載はありませんので、
中を見られない限りカードローンを利用したと断定されることはありません。
この場合も「みずほ銀行で口座を作った」と言えば切り抜けることはできるかもしれません。
しかし、ご家族が郵便物を開封する習慣がある方は、中身を見られたらカードローンの契約をしたことが一発でわかります。

 

会社の人に対してであればプライベートなことを根掘り葉掘り聞かれる筋合いはありませんが、
ご家族に内緒でカードローンを利用してバレた場合は、家族との関係にひびが入る恐れがあります。

 

内緒にしてバレる恐れがあるのでしたら、思い切ってカードローンの利用を家族に相談をすることをお勧めします。