みずほ銀行カードローン総量規制の影響

総量規制って何?

カードローンのことを色々調べていると、総量規制という規制によって借入できる金額が制限されるということを見聞きされることが多いと思います。
これは、貸金業法という法律の中で定められていることであり、貸金業者から年収の3分の1以上は借入ができないというものです。
年収300万円の方であれば100万円まで。
年収450万円の方であれば150万円までということになります。
1社からの借入ではなく、複数社から借入がある方は全ての合計金額が年収の3分の1までということになります。

 

みずほ銀行のカードローンから借りる時も総量規制の対象になる?

では、みずほ銀行のカードローンで借入する際も、総量規制によって年収の3分の1までの借入に制限されてしまうのでしょうか。

 

いいえ、みずほ銀行のカードローンは総量規制の対象外です。

 

貸金業法はあくまで貸金業者を対象としている法律です。
みずほ銀行は銀行なので、貸金業法は適用されないのです。
主に貸金業法が適用されるのは、プロミスやモビットのような消費者金融です。

法的な縛りはないですが、注意が必要です。

総量規制はあくまで法律上の話です。
みずほ銀行のカードローンは総量規制の対象外ですが、年収の3分の1以上の金額で審査に通るかどうかは別問題です。
当然際限なく借入できるというわけではありませんし、あなたの返済能力を考慮して審査が行われます。

 

また、貸金業法や総量規制は多重債務問題を解決するためにできたものであるということを忘れてはいけません。
返済できる金額以上の借入を行ってしまって、借金に苦しむ人が多くいたために規制ができました。
消費者を苦しめるためではなく、逆に借金苦に陥らないようにするための法律というわけです。

 

銀行のカードローンで総量規制はありませんが、その分自分で節度をもって借入金額を調整する必要があることを理解しておきましょう。